ナツフジ

    豪雨がウソのように天気よかった昨日(7/8)です。     朝の散歩も再開してみたら     ご近所さんの生け垣からは        つぼみだったナツフジが笑顔で迎えてくれました。    

続きを読むread more

タケニグサ(竹似草)

九州では今年もまた豪雨で被害でています。これ以上大きくなりませんように     先日山道走っているとタケニグサ(竹似草)が咲いていた     ケシ科タケニグサ属 茎が中空で竹に似ていることからついた名前      高さ1~2mの多年草 茎や葉を切るとでる黄色の乳液は有毒         花に花弁はなく萼片も開花と同時…

続きを読むread more

ヒロハコンロンカ

       出かけたついでにヒロハコンロンカの様子見に行ったら        つぼみ固しというところで惜しかった。        このまま帰るのもナンやから        別のところに行ってみたら白いのがチラっと見えて        近づいてみると黄色い花が          あ~咲いててよかった。 …

続きを読むread more

フウラン

  あっという間に半年が過ぎてしまい   このぶんだと残りの半年もすぐに・・・   のんべんだらりと過ごしているけど私の人生これでいい  玄関に入れている フウラン 6/22に2輪開花そして1週間でこんなに       これだけ咲くとほのかな香りといえずむせかえりそう。 …

続きを読むread more

古代ハス

    朝からいい天気だったけど     いつのまにか雲がひろがり     天気予報みると     昼から雨降ることになっていた.。     あ、     ハス見に行くの忘れてた      急に思い出して     昼前に駆け込みで見に行ったらいい具合に咲いていた。     説明版あった…

続きを読むread more

キジ

  今年はキジをよく見るが  まさかこんなところでとしか言いようのない出会い。  さる朝2車線道路の国道歩いていると  上下とも車が止まっていて  何事かと目を凝らして見ると  キジが横断中 車も5~6台だけど止まざるを得なくなったみたい。  あわててカメラを取り出したころには駆け足で横断終え…

続きを読むread more

ノウゼンカズラ、ナツフジ、ムクゲなどが咲いていた

  朝から強い雨、そして今は台風とはいえないまでも  強い風が吹き荒れて半分めくっている簡易温室のフレームが外れ  悲惨な状態の今日。     先日いつもとちょっと違う道歩いていると    ノウゼンカズラ  ネムノキ  ボタンクサギ が咲いており      ナツフジ   ムクゲ   アガパ…

続きを読むread more

6/22のラン・・・樫原湿原

     6/22の樫原湿原のラン科の花はトキソウはほぼ終りでカキランは見ごろ      他にはツチアケビやクモキリソウ、コバノトンボソウと今回は5種が見られた。 咲きはじめていたツチアケビ ピーク過ぎていたクモキリソウ 木道から離れているので望遠レンズが必須なコバノトンボソウ …

続きを読むread more

マタタビ

 山道を走っていると必ずと言っていいほど目に入るのが  葉っぱが半分白くなっている木  マタタビ   遠くだったりクルマを止めにくいなどの理由で花を確認しにくいけど  ちょうどいいところでよく咲いているのを撮ることできた。  実のなるころには「マタタビ酒」を作るために採っている人みかけることがある…

続きを読むread more

樫原湿原 6月17日 Ⅱ

 6/17 樫原湿原 の続きです。   ユウスゲ:夕方咲いて朝のうちに終わる一夜花  ネジキ:木肌がねじれていることからついた名前     ツチアケビ:ラン科秋になるとソーセージのような実ができる  ホソバノヨツバムグラ:花の径は3ミリ程度の小さい花   ヒメオトギリ   イチヤクソウ:薬草   ウツボグサ:矢を入…

続きを読むread more

樫原湿原6月17日

 6/17 樫原湿原 トキソウ(ラン科)は残っていても僅かと思っていたが案外と沢山見ることができた。 トキソウ、ミヤコグサ、ヒメミクリ、ジュンサイ        今回のお目当てのひとつカキラン(ラン科)は咲きはじめ               ヌマトラノオ、オカトラノオ、コバノトンボソウ、カキラン

続きを読むread more

3ヶ所目でやっと

 そろそろレンリソウが咲いているはずと  行った草原には蕾も見当たらず  次に行った草原でも  ここななかったら今回は諦めようと行ったところでは  なんと、花は咲きすすみ  傷んでいるのが多かった。

続きを読むread more