テーマ:ラン科

フウラン

  あっという間に半年が過ぎてしまい   このぶんだと残りの半年もすぐに・・・   のんべんだらりと過ごしているけど私の人生これでいい  玄関に入れている フウラン 6/22に2輪開花そして1週間でこんなに       これだけ咲くとほのかな香りといえずむせかえりそう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/22のラン・・・樫原湿原

     6/22の樫原湿原のラン科の花はトキソウはほぼ終りでカキランは見ごろ      他にはツチアケビやクモキリソウ、コバノトンボソウと今回は5種が見られた。 咲きはじめていたツチアケビ ピーク過ぎていたクモキリソウ 木道から離れているので望遠レンズが必須なコバノトンボソウ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樫原湿原 6月17日 Ⅱ

 6/17 樫原湿原 の続きです。   ユウスゲ:夕方咲いて朝のうちに終わる一夜花  ネジキ:木肌がねじれていることからついた名前     ツチアケビ:ラン科秋になるとソーセージのような実ができる  ホソバノヨツバムグラ:花の径は3ミリ程度の小さい花   ヒメオトギリ   イチヤクソウ:薬草   ウツボグサ:矢を入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樫原湿原6月17日

 6/17 樫原湿原 トキソウ(ラン科)は残っていても僅かと思っていたが案外と沢山見ることができた。 トキソウ、ミヤコグサ、ヒメミクリ、ジュンサイ        今回のお目当てのひとつカキラン(ラン科)は咲きはじめ               ヌマトラノオ、オカトラノオ、コバノトンボソウ、カキラン
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロカミラン

 かなり少なくなったけどなんとか持ちこたえて  がんばっている クロカミラン  ウチョウランの変種で岩肌に張り付いている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンラン

近場でほとんど人に会わない山に行ってきた。 以前は探さなくてもいくらでも見ることできたギンラン どんどんなくなって去年はとうとう1株しか見ることできなかった。  今年はありますようにと念じながら行ったけど ひとつも見つからなくて キンランは35株+咲いていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメフタバラン

 先月に撮ったヒメフタバランです。         自粛要請解除されて外に出かけられるようになればいいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワチドリ

  わが家の花たちも次々に開花してきました。   ラン科の花でチドリの仲間は好きで   ウチョウラン、アワチドリ、サツマチドリと   何度も買い求めたりいただいたりしたけれど   残ったのはこのイワチドリとあと1か月ほどで咲くだろうのサツマチドリ。  イワチドリ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミズトンボ

 夏の花ですがまだ見ることできました。  湿地で見られる ミズトンボ   蘭科の花は面白い形が多いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハクウンラン

 ハクウンラン   前日に充電しっぱなしでカメラにバッテリー入れるの忘れてた   クルマには予備があるけれど行くのに時間かかりすぎるので   スマホでパチリしたけれど     うまく撮れなくてザンネン             SDカードの入れ忘れなんかもちょくちょくあります 😖 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ダルマエビネ

  鉢植えですがダルマエビネ見せてもらえる機会あったので   撮らせていただきました    自生を見たのはもう何年も前だったので   なんか懐かしい気持ちになりました。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キンランとギンラン

  近くの低山ではキンランとギンランがあります。   盗掘もおさまったかここ何年かでなんとか回復のきざしあります。   キンラン   ギンラン
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュンラン

  ラン科の花で最もなじみのある花のひとつ       シュンラン(春蘭)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘツカラン

     ヘツカランは毎年見に行きたくなる花のひとつです。     着生蘭ですが九州南部だけで見られます。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオフタバラン

     ちょっと早すぎるかもと思いつつ覗いてみたアオフタバランのポイント      やっぱりツボミでした。      すっかり忘れていたのですがなんとか間に合ってくれたというか      あれから2週間経ってましたが満開でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タシロラン

      タシロラン     タシロラン(田代蘭)ラン科トラキチラン属     常緑樹林内に生える葉緑素を持たない腐生植物で明治39年長崎で田代善太郎が発見したのでこの名が付いた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ササバラン

     ササバラン(笹葉蘭)    ラン科 クモキリソウ属  葉の形が笹に似ているところからついた名前        日当たりのよい草原に生育する多年草。大きな普通葉2枚と鞘状の葉2 - 3枚をつける。    花茎は高さ20 - 30 cmで,直立し,上部に多数の花をまばらにつける。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more