テーマ:7月

ノギラン

   ランと名がつく花ですがノギランはラン科ではありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナギ

       泥の中で コナギ 咲いていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバノフユイチゴ

  コバノフユイチゴ 別名:マルバイチゴ が実をつけていた。  薄暗い林の中で地面に這うキイチゴの仲間。フユイチゴと名のつく もののなかでも,葉がもっとも丸っこい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンゴジカ

   昼からは閉じてしまう キンゴジカ といわれているが何とか昼過ぎていても間に合った    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノヒメユリ

   ノヒメユリ   稀にはキバナノヒメユリが見られる(福岡と長崎に分布)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムカゴソウ

    パッと見にはランとは思えないが草原で見られるムカゴソウ      ラン科ムカゴソウ属  花期:6~8月  分布:日本全土
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハクチョウゲ

  生垣などで見ることあるが   もともとは中国原産のアカネ科ハクチョウゲ属の常緑低木   図鑑によれば長崎県で野生化されてるとのこと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニコナスビ

   ひと昔前は8月も10日過ぎにでも見ることできたオニコナスビ   今では少なくなったことや温暖化の影響か7月中に行かなければ   見ることできなくなった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キバナノセッコク

  キバナノセッコク   ラン科セッコク属   絶滅危惧ⅠB類(EN)   分布:四、九、沖  花期:7月         やっぱり何といっても2009年7月22日に見たのが一番
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバヨウラクラン

   オオバヨウラクラン (大葉瓔珞蘭)  ヨウラクランに似ているが葉の幅が広く数が少ない。  ヨウラクランより唇弁の中裂片が大きく側裂片が小さい    絶滅危惧Ⅰ類 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダルマエビネ

    せっかくのダルマエビネ   雨の中ではレンズが曇って曇って                    6/12                     6/12       7/10                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウバユリ

  ウバユリは花のころには葉が枯れて(歯がない)いることが多いからその名がついたといわれている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原尻の滝

 山からの帰り道  幅120m、高さ20m。田園に囲まれた平地に突如滝が現れる 「東洋のナイアガラ」と呼ばれる原尻の滝に寄ってみた   ちょうど虹がかかって    流れに足浸けていた美女(多分)を    山道では           イワタバコ  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祖母山系

 ウバタケギボウシとウバタケニンジンを 案内してくれると誘われて ホイホイついていったものの エライ目に会いました。  ほとんど予備知識ないままに 先を行く人たちに遅れ遅れついて行きます。 え~加減疲れきって 足も動かなくなった時 岩にへばりつくようにあった ウバタケギボウシ …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more